マカデミアナッツ(生)

ナッツ:マカデミアナッツ(生)_1 ナッツ:マカデミアナッツ(生)_1
ナッツ:マカデミアナッツ(生)_2 ナッツ:マカデミアナッツ(生)_2
ページへもどる

今週の特価品!マカデミアナッツ(生)23%OFF!(4/30~5/6)




※獲得ポイントについて

評価の平均: 4.62点 (29件)

原材料:マカデミアナッツ(生)
保存方法:直射日光高温多湿を避け、冷所で保存
賞味期限:上記保存方法で約3ヶ月
原産国:ケニア

クリックで閉じます

税別3000円以上ご購入で送料無料! ※北海道、沖縄県宛を除きます
[ご購入税別3000円未満の場合の送料について]
■送料618円・・・宅配便(ゆうパック・ヤマト宅急便・佐川急便)
※運送会社はご選択頂けません
※北海道、沖縄県宛は追加送料がかかります

その他送付方法についての詳細は送付方法のページをご参照下さい。

クリックで閉じます


マカデミアナッツ(生)の詳細

[マカデミアナッツの原産国について]2016/7/2
7/2出荷分より原産国が 南アフリカ共和国→ケニア に変更となります。

[マカデミアナッツのグレードについて]2016/6/17
6/17出荷分よりグレードが代わります。
stlye3(ハーフサイズが多め)→style1(ホール)となります。

厳選のマカデミアナッツ(生)です。
マカデミアナッツは脂質・たんぱく質・炭水化物に加え、各種ミネラル・ビタミン・食物繊維がバランスよく含まれています。
生のマカデミアナッツですので、ローストのような香ばしい香りや味わいはありませんが、ナチュラルなマカデミアナッツをお楽しみ頂けると思います。

[マカデミアナッツの皮について]
皮をむいた状態のマカデミアナッツではございますが、皮が黒い点のようなものとして残っている場合があります。商品の品質には問題ございません。

[マカデミアナッツのロースト方法について]
オーブン150度で15分程度。焼け具合を見ながら加熱時間を調節してください。途中でナッツをひっくり返すと均等にローストしやすいです。

豊富な栄養素を含むマカデミアナッツを是非一度お試し下さい。
※マカデミアナッツ(生)100gあたり目安個数:約60個

▼ 続きを読む ▼

食品衛生法に基づく表記

原材料:マカデミアナッツ(生)
保存方法:直射日光高温多湿を避け、冷所で保存
賞味期限:上記保存方法で約3ヶ月
原産国:ケニア


お支払い方法について

お支払い方法
■クレジットカード決済 ■代金引換 ■銀行振込(三菱東京UFJ銀行・楽天銀行) ■コンビニ決済(後払い) ■郵便振替(後払い)  
※初回ご注文のお客様につきましては「代金引換」「クレジットカード決済」「銀行振込(ご入金確認後の発送)」となります。
※お支払手数料・お支払いの詳細につきましてはお支払い方法のページをご参照下さい


送料について

税別3000円以上ご購入で送料無料! ※北海道、沖縄県宛を除きます
[ご購入税別3000円未満の場合の送料について]
■送料618円・・・宅配便(ゆうパック・ヤマト宅急便・佐川急便)
※運送会社はご選択頂けません
※北海道、沖縄県宛は追加送料がかかります

その他送付方法についての詳細は送付方法のページをご参照下さい。


マカデミアナッツ(生)を購入されたお客様の声

あなたもレビューを書きませんか?

29件中、最新の5件を表示しています すべてを見る(29)

至福の時  2017/04/05  By TAETAN

前回はお試しに少量を購入しましたが、あまりの美味しさに今回は自分へのご褒美に1キロを購入。本当に美味しいです。たまには チョコレートと一緒に食べるのもいいですね。

嫌いじゃない  2017/04/04  By サリーのママ

ナッツは大体、生とローストしたものと食べ比べます。マカダミアナッツはどちらも美味しかったですが、食感はローストした方が好みでした。

甘みを感じる美味しいナッツ  2017/03/25  By twinkle tinkle

初めて生のマカデミアナッツを食べたかもしれません。ローストと両方試しましたが、ローストより甘さを感じた気がします。良質な脂質を取ってるという感じがして美味しいです。

リピートで  2017/02/14  By うどん王国

いつもの品質管理された品をいただきありがとうございます

たまには贅沢  2017/02/04  By lumn

普段はアーモンドやくるみ、ひまわりの種をそのまま、または浸水させて美味しくいただいていますが、 マカデミアナッツの美味しさは別格! 高いから簡単には買えませんが、時々ご褒美気分の時に思い切って購入し、至福のひとときを味わっています。あぁ〜、1kgを値段を苦にせずに買って、存分に食べるいつの日かを夢見ています☆